ヘンプシードが疲弊した心の働きを取り戻してくれると聞いて食べ始めました

公私ともに思いどおりにいかず心が疲れ果てていた時期があり、何もする意欲が湧きませんでした。仕事を辞めて家族に養ってもらう毎日に嫌気が差すものの、具体的に何かをしようと全く思えなかったのです。そんなときに家族から教えてもらったのは、ヘンプシードというスーパーフードでした。テレビ番組で知ったとのことで、所謂うつ状態の改善に役立つを説明を受けました。自暴自棄になっていたので最初は反発しましたが、買ってきてもらったので渋々食べることになります。ヘンプシードは、そのまま食べることによって摂取しました。味は悪くなく、小腹を満たすことはできませんが何かを食べているという実感を与えてくれます。心療内科の先生にも匙を投げられた私でしたが、ヘンプシードを食べているからには症状に進展があるはずだと信じ始めました。食べ初めて5週間後には心なしか強烈な不安感が和らいでいき、運動療法を取り入れる気分になって私のうつ状態は改善に向かったのです。まだ完治していませんが、少しずつ良くなっている気はします。